災害対策基本法の改正が施行

 昨年5月20日に災害対策基本法の改正が施行しました。大きな改正点の一つとして「避難勧告」が無くなり「避難指示」に一本化され、「避難準備・高齢者等避難開始」も「高齢者等避難」と明確化され避難を促す事となりました。また、気象庁の危険レベルと合わせて、レベル4「避難指示」で全員避難をする事へ改訂されました。このことで避難指示まで避難をしないいわゆる「指示待ち」者を無くし、被害者を一人でも少なくする効果が期待されています。ペットを飼養している皆さんはレベル3「高齢者等避難」で避難を開始できるように行動を改めて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。